≪前編≫美人な女は恐い。嫁に浮気されていた。修羅場を乗り越え再構築後、嫁の妊娠が発覚。完全に浮かれる俺と浮かない顔の嫁…

226:2014/12/29(月) 20:07:13.50 ID:
テス


お話の途中ですがこちらの記事もおすすめです(アンテナサイト様へ飛びます)
エネ夫「お母さんがいなくなっちゃったよ! 明日のごはんは誰がつくってくれて、誰が掃除してくれて、誰が洗濯してくれるの?」

義兄夫婦「双子のうち一人うちにおいで!」 双子兄「じゃあ本当になる!お母さんより叔母さんのほうがいい!」 私「じゃあいいよ。荷物まとめてね。」→結果

「人の土地だけど私達には必要な場所だからお前が折れろ」 → 地主、ブチギレ

【池沼】障害がある彼弟の事は知ってたが彼家に招待された時後ろから襲われた。それを彼と彼母はただただ見てた

元夫「これ払ってね」 弁護士「離婚したら関係ない」 元夫「えっ!?」

義弟が数億円の財産を持ってから家族全員を使用人の様に扱い「嫌なら出てけ。」でも経済的にそれも難しいですし、どうしたら良いでしょうか?【2/6】

両親「長男が帰ってきた、もうお前達は必要ない」 → 自業自得

義家族とウナギを食べに行った。トメ「並が1つで特上が3つ」私(旦那は気づかないしバカだし、ウトは空気だし…)ウト姉「……」

227:2014/12/29(月) 20:08:00.66 ID:
東京着くまでの暇潰し。
もう終わった話な。

228:2014/12/29(月) 20:11:53.58 ID:
大学卒業と共に三年付き合った彼女に振られた。
他に好きな男が出来たから。
結婚を考えていた俺は落ち込んだ。そりゃもう飛び降りるんじゃないかと周りを心配させるくらいに。
そんな俺に優しい言葉を掛けてくれたのが配属先にいた女の子。高卒の彼女は俺よりも歳下だけど、一応会社では先輩。

229:2014/12/29(月) 20:17:11.18 ID:
仮名で凛子としよう。
凛子はちょっと洒落にならない位可愛かった。石原さとみを更に可愛くした感じ。
それに愛想も良かった。何しろ振られた事を引きずっていた暗さ満点の俺の事をあの手この手で元気付けようとしてくれていたから。
勿論社内ではもてた。もてまくってた。
だけど、俺はそれでも中々元カノの亡霊から立ち直ることが出来ないでいた。

230:2014/12/29(月) 20:22:53.89 ID:
それからそれから?

231:2014/12/29(月) 20:23:11.37 ID:
凛子は確かに可愛いけれど、俺は彼女の事をそう思う余裕すらなかった。加えてややネガティヴな俺は美人は信用できない、という思いから、中々凛子に心を開くことも出来なかった。
だけと入社して半年経った頃、上司に「最近のお前、表情明るくなったよな。いい笑顔してるよ」と言われ、愕然とした。陰気くせえ、と言われる事はあっても、笑顔がいい、なんて生まれてこの方言われた事が無かったから。
そしてこうも言われた。「凛子に感謝しろよ」
その時初めて彼女の事を一人の女として見ることが出来た。これがすべての始まりだったんだ。

232:2014/12/29(月) 20:23:12.29 ID:

233:2014/12/29(月) 20:29:13.95 ID:
明日も仕事④

235:2014/12/29(月) 20:34:09.27 ID:
話し掛けてくる凛子を初めてまともに見る事が出来た。いや、だからこそまともに見る事が出来なくなった。可愛すぎたんだ、凛子が。
こんなに可愛くて美人の女の子と半径5メートル以内に入ったことが無かった俺は、逆に彼女と喋れなくなってしまった。
そしたら暫くしたら凛子に言われた。「わたし、何か悪いことしたっけ?したんなら謝るから言って欲しい」と。
情けなくて泣きそうになった。こんなに良くしてくれる人になんて態度をしてるんだって。
俺は思い切ってすべてを打ち明けた。
彼女に振られて落ち込んでいた事。
凛子が話し掛けてきても上の空だった事。
立ち直れたのは凛子のお陰だと上司に言われ、初めて凛子の事を考えられるようになった事。
そして凛子があまりに美人過ぎる事に改めて気が付いてどう接して良いか分からなくなった事。
美人は恐い、俺みたいな男とは住む世界が違うので関わらない方が良いと思っていた事を。

236:2014/12/29(月) 20:40:26.97 ID:
凛子は笑っていた。全部知ってたよと。だけど最後のだけは納得したくないな、とも。
「美人なのはよーく知ってる。だけど恐くないよ」
そう言う彼女に俺は惹かれた。
一年経っても相変わらずの凛子。彼氏の影も見当たらない。
元カノと別れたのは凛子に会うためだったのかも、と都合良く考えた俺は、身の程弁えず告白した。
俺はいつも全力だった。
「絶対に幸せにする。結婚前提に付き合ってほしい」と言ってしまったんだ。
呆気にとられる凛子。
だけどすぐに微笑んでくれた。
「こちらこそよろしくお願いします」
腰が抜けそうになった。
この世に生まれたことを感謝した。
元カノに感謝した。
初めて嬉し泣きをした。

237:2014/12/29(月) 20:43:12.23 ID:
越後生一番④

240:2014/12/29(月) 20:53:02.12 ID:
俺23歳、凛子20歳から始まった恋愛。
俺は彼女に、何故彼氏が居なかったのか?と空気読めない質問をした事があった。彼女は「だって俺君のことが好きだったから」。俺が入社した頃からの一目惚れだったと聞いて信じられない気持ちで一杯だった。

若い二人はいつも一緒だった。
社内では公認。だからこそ仕事中は逆に接点を出来るだけ取らないように気をつけた。
その反動でアフターファイブはベタベタだった。
近くのミスドで俺の帰りを待つ凛子。
俺が店に入るや否や、周りの目を気にする余裕すら失った彼女はいつも飛びついてきた。
そして手を繋いで俺の部屋。
本当に可愛い彼女、自慢の彼女だったんだ。
間も無く同棲を始め、一年記念でお互いの両親に挨拶に行った。
そして更に1年後、俺たちは結婚した。
俺25歳、凛子22歳の秋に式を挙げたんだ。
人生てなんて素晴らしいんだろうと思った。
俺を産んでくれた親に感謝した。
凛子を産んでくれた義母に感謝した。
出逢いをくれた神様に感謝した。
全てが順調だったんだ・・・・・

241:2014/12/29(月) 21:00:24.25 ID:
しえん

242:2014/12/29(月) 21:02:00.48 ID:
ポンデリング④

243:2014/12/29(月) 21:02:17.91 ID:
早く子供が欲しかった彼女は仕事を辞めて専業に。
同棲時代から殆ど毎日抱き合っていた俺たちは、避妊しないセックスに没頭した。
毎日毎日抱いていたから子供なんてすぐ出来ちゃうね、なんて笑い話しながら事後に子供の名前を考える幸せな毎日。
だけど中々妊娠しなかった。
1年が経とうとしたころ、不妊治療も考えたが費用を聞いて躊躇した。若い俺の収入なんてたかがしれていたからな。
結局、自然に任せようという事になり、彼女は再び働き始めた。

これが間違いだったんだ。

244:2014/12/29(月) 21:03:42.96 ID:
不妊女④

245:2014/12/29(月) 21:08:00.95 ID:
派遣として送り込まれた先は大企業。
そこで受付嬢として働き始めた凛子。
毎日毎日大勢の来客があるらしく、最初の頃は毎日クタクタに疲れていたようだった。
そして夜の生活も次第に少なくなっていき、働き始めて半年経つ頃には週に一度あるかないかに。
これじゃあいつまでたっても子供なんか出来ないと話し合いをする事はあったけど、その直後は増えるものの、また戻ってしまうという繰り返し。

246:2014/12/29(月) 21:09:35.36 ID:
開運④

247:2014/12/29(月) 21:14:20.63 ID:
結婚して丸2年が経過する頃には凛子も仕事に慣れていた。なのに夜の生活はほぼゼロ。まさかのセックスレス夫婦になっていた。
話し合うも、まだ若いから慌てる必要ないよ、という彼女。
そしてある日、俺の職場の先輩の女性から声を掛けられた。最近凛子とはうまくいってるのかと。
普段殆ど話す事が無かった先輩。凛子が勤めていた頃に凛子繋がりで話したことがある位の仲だった。
凛子に変わっ事はないか?とか、うるさい位に探りを入れてくる彼女にらいらついた。そしてそれが分かったのか、彼女は言いずらそうにこう言った。
「凛子、浮気してるかも」

248:2014/12/29(月) 21:15:21.84 ID:
wktk④

249:2014/12/29(月) 21:16:52.45 ID:
似たような話をどこかで読んだような...

251:2014/12/29(月) 21:22:01.96 ID:
東京に着くまでに完結するのかね?

252:2014/12/29(月) 21:22:46.20 ID:
全く信じなかった。信じられなかった。
事実、その日も次の日もその次の日も、暫くは凛子と普通に生活していたし。
この辺の事はあまり詳しく書きたくありません。お察し願います。
二週間後、先輩に相談している自分、そして勧められるまま興信所に依頼。
すくに証拠はいくつも集まった。
その時始めて泣いた。
後悔した、気が緩んで幸せボケしていた俺を。
美人な女は恐い。それを忘れていた。
彼女は鳥籠の中に入れていなければダメなんだと。
野に放つと沢山の獣に襲われてしまうんだということを忘れていたんだ。

256:2014/12/29(月) 21:27:49.16 ID:
鳥籠に入れたら入れたで隙を見て鳥籠から逃げ出すんやで

257:2014/12/29(月) 21:29:03.20 ID:
単に馬鹿な女というだけ

258:2014/12/29(月) 21:30:03.98 ID:
相手は出入りしている業者の男。凛子と同い年。
逢引している時も指輪をしていたので、凛子が既婚者と分かっていての所業。
冷静に、と言う先輩の声もよく聞こえなかった。耳鳴りが酷かったような気がする。
席を立とうとしても立てなかった。情けないことに腰が抜けていたんだ。
冷静でいるけれども心がなくなってしまった俺は、とてもじゃないが家に帰る気になれずビジホに泊まった。
夜入れた凛子への電話、「分かったよ。じゃあね」の一言だけ。
浮気の事実を聞いた後だからか、これから俺がいない事を良いことに間男と会うのか?とか考えて胸を締め付ける苦しさに戻してしまったりもした。

259:2014/12/29(月) 21:30:34.77 ID:
すまんな、悪かった。
これでおしまい

260:2014/12/29(月) 21:31:47.39 ID:
東京に着いたのか?
尻切れトンボはマジ勘弁。(´・ω・`)

261:2014/12/29(月) 21:31:56.13 ID:

262:2014/12/29(月) 21:32:25.40 ID:
は?最後まで書けよ

263:2014/12/29(月) 21:32:46.79 ID:

終わり?

264:2014/12/29(月) 21:35:48.23 ID:
東京もう着くわ。こめんな、暇潰しなもんでさ。
まあ正月明けたら逆戻りするから、その時に忘れてなかったら続き書くよ。
でも、まあ胸糞悪い話だぞ。

265:2014/12/29(月) 21:36:17.30 ID:
放置プレイなのか?

まぁ、嫌いじゃないけどなw

268:2014/12/29(月) 21:42:32.54 ID:
>>264
待ってるよ。

269:2014/12/29(月) 21:43:40.63 ID:
横浜過ぎるとすぐだよね。悪いね

270:2014/12/29(月) 21:52:29.00 ID:
また帰り道に書いてくれ、気になる

271:2014/12/29(月) 21:54:16.56 ID:
美人じゃなくても浮気をする奴はいるから気が抜けない

元スレ:http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1419409628/


後編へ続く
関連記事

こちらの記事も人気です(アンテナサイト様おすすめ)
犬、失踪 → 1ヶ月経過 → 犬、小熊3頭をつれ帰宅

コトメから『最近、美容院に行けてる?』とメールが → 私「育児で忙しいので…」コトメ『時間つくれる?』私「???」詳しく話を聞くと・・・

【後編】私「娘にあげたマフラーが隣のクラスの子がしていた...」先生「えっ?」→先生方に相談したのだが...

従姉妹「カード不正使用された」 自分「被害届だしたほうがいいよ」 従姉妹「あんたがやったって大騒ぎなのよ!」 自分「えっ」

嫁「親権はこっちだ!」 娘&息子「ないわ」 嫁「」

【後編】ママ友「娘の誕生祝いするからマンションの施設貸せ!ついでに料理作れ!」私「奴隷かよ!」→とんでもないメールが...

勝手に我が家の見取り図を見ながら、トメ「足が悪くなってきたから洋室が丁度いいのよ~ここにベッド置いて~」「もぉ~夢みたいね!」

【中編】彼「お前の弁当好評だから来週からお弁当3つ作って〜w」私「はぁ?」→当たり前と思ってふざけてるよね?

アホ「離婚ちらつかしておけば言うこと聞くだろwww」 → 結果

友人の旦那から「迷惑なんですけど、あなた常識ありますか」と急に電話がかかってきて「言い掛かりだ」と説明したらその日の夜、その友人から怒りの電話がかかってきた。


                                  このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ : 非常識 キチガイ 修羅場 浮気 離婚 嫁マズ 不倫

2017/03/13 13:11 | 浮気COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

アクセスランキング ブログパーツ