社長「もう二十若かったら君に告白してたよ」→出張先のホテルにて…社長「なぁ?なぁ? いいだろ?そう言うことだろ?」と迫ってくるおっさん…

84:2015/06/09(火) 21:39:32.60 0.net ID:
返事ないけど勝手に書く。フェイク有り。

数年前、大学を卒業して初めて入った会社は個人経営の小さな会社だった。
元々片手で数えられるくらいしか社員がいなかったが、普通に辞めたり、失踪したりで、立て続けに人がいなくなり。
1年後には自分と社長だけになっていた。
これはやばいとなった結果、大急ぎで5人ほど新しく雇うことに。
初めて出来た後輩に戸惑いながらもなんとかやっていたが、経理担当のBとはそりが合わずよく叱られていた。
そして、大声で怒鳴るBが自分は正直苦手だった。

この時期から人の目が見れなくなったり無口になったり、軽い鬱状態だったが、気付かずに毎日怒鳴り声が響く中で仕事をした。
迫る納期、終わらない仕事の山、考え方の違いやその態度が気に食わないと怒鳴られる日々。
今思い返せば、なんであんなに我慢していたんだろうかと思う。


お話の途中ですがこちらの記事もおすすめです(アンテナサイト様へ飛びます)
エネ夫「お母さんがいなくなっちゃったよ! 明日のごはんは誰がつくってくれて、誰が掃除してくれて、誰が洗濯してくれるの?」

義兄夫婦「双子のうち一人うちにおいで!」 双子兄「じゃあ本当になる!お母さんより叔母さんのほうがいい!」 私「じゃあいいよ。荷物まとめてね。」→結果

「人の土地だけど私達には必要な場所だからお前が折れろ」 → 地主、ブチギレ

【池沼】障害がある彼弟の事は知ってたが彼家に招待された時後ろから襲われた。それを彼と彼母はただただ見てた

元夫「これ払ってね」 弁護士「離婚したら関係ない」 元夫「えっ!?」

義弟が数億円の財産を持ってから家族全員を使用人の様に扱い「嫌なら出てけ。」でも経済的にそれも難しいですし、どうしたら良いでしょうか?【2/6】

両親「長男が帰ってきた、もうお前達は必要ない」 → 自業自得

義家族とウナギを食べに行った。トメ「並が1つで特上が3つ」私(旦那は気づかないしバカだし、ウトは空気だし…)ウト姉「……」

85:2015/06/09(火) 21:47:41.90 0.net ID:
続きです

そんな生活が半年続いた頃、社長から飯へ誘われることが多くなった。
深夜まで残っていたりするので気を使ってくれているのだと思っていたが、実際はそうでなかったようだ。
社長は曖昧な言い方しかしていなかったが、入った頃から自分に好意を寄せていたらしい。
それをはっきり自覚したのは、何度目かの飲みに行った席で。

社長「俺って君にとってはやっぱおっさんかな?」

どう見てもおっさんですね、父親より少し若いくらいの奴はおっさんです。

社長「もう二十若かったら君に告白してたよ、だって凄い好みだし」

それはどうも。時間って残酷ですね。

と笑いながら話した後、膝枕してほしいとお願いされた。
父親と変わらない年齢のおっさんを何故膝枕せねばならんのかと言いたかったが、ここは酒の席。
しかも、相手は社長と言うこともあって断りきれず渋々膝枕をした。

86:2015/06/09(火) 21:49:00.73 0.net ID:
④女性だったのか

88:2015/06/09(火) 21:56:57.23 0.net ID:
>>88
色気のない女ですみません。


一度許してしまったせいか、そこから社長のスキンシップと言う名のセクハラがグンと上がった。
以前から軽いボディタッチなどは多かった気もするが、もう周りでさえ気づくレベルで露骨になってきた。
手を握る、頭を撫でる、下の名前で呼ぶ、転んだふりをして抱きつく…などなど。
一番精神的にきたのは

「原因不明の持病があるんだけど、歩けなくなったらどうしよう? どうしてくれる?」

と言う謎の同情してもらおう作戦。

自分は「営業行くときに車椅子押しましょうか?」と半笑いで返した。

お分かりかと思うが、結構辛辣な物言いでぶった切ってる。
にもかかわらず、それが良いのだとか言うドMな社長はめげなかった。
鬱状態の自分は、「もう何言ってもこいつ聞かねぇな。」と思い深く考える事をやめた。
そして「女は良いよな女は」的なBからの風当たりがより強くなっていった。

ちなみに、自分は当時21歳。
社長は45歳、既婚、しっかり者の妻と4人の子持ち。 一番下の子は去年生まれたばかりだった。

89:2015/06/09(火) 22:09:23.02 0.net ID:
もう少し続きます

さらにそこから数か月ほど過ぎたある日、社長と二人で遠方へ出張に行く事になった。
車でいける範囲だったが、遠方と言うこともあって泊りがけ。
部屋の空きも少なかったし、経費削減だと散々言われた結果、部屋は一つしか取れなかった。
これが社長をさらに勘違いさせたようで、出張中のスキンシップはより露骨になる…

運転中、助手席にいるのを良い事に太股を撫でたり、抱きつこうとしたり。
その度に顔面を抑えて座り直させ

「気安く触らないでください、そして邪魔です。」

みたいな会話をしていた。

そして三日間あった出張の最終日、社長は何を考えているのか、
旅館で誤魔化しようのないガチの告白をしてきた。
(一泊三日のうち、一日は徹夜で車走らせてた)

90:2015/06/09(火) 22:17:03.85 0.net ID:
使用で少し外に出て帰ってみると、社長はビール数本を転がしながら飲んだくれていた。
この地点で面倒くさいなと思っていたが

「どうして今頃になって俺の前に現れたんだ? 遅すぎる…遅すぎるんだよ!!」

と、なんか小芝居が始まっちゃったので、暫く様子を見てみることにした。
いろいろやんちゃをしていた昔話や、俺カッコいいアピールをさんざんした後、酔っ払いながらメモ用紙に愛を書き連ねたものをこちらへ渡して

「本当に君が好きなんだ、本気なんだ」

と言ってきた。
社畜脳だった自分は「うわぁ…」のAAになりたいのを我慢しつつ
そっ閉じで部屋を出て行こうとしたら

「待って!戻ってきて!捨てないで!」

と足にすがりついて通路まで付いてくるおっさん。
お前の事拾った覚えはねぇよ!と叫びたくなるも、場所が場所なだけに部屋に押し戻した。
とりあえずいつでも逃げられるようにドアを背にしながらまた話を聞く。

「いや、無理です。 奥さんも子供もいるじゃないですか」

「いるけど、好きなもんは好きなんだ」

「いい加減な考えで中途半端なことはしちゃダメですよ」

「いい加減じゃない!!本気なんだ!!」

何を言ってもこの調子で、仕方なく付き合っている人がいると言う話(嘘)をして
丁重にお断りし、消沈しながら部屋を出て行く社長を見送った。

91:2015/06/09(火) 22:28:19.45 0.net ID:
これでやっとセクハラも無くなるだろうと安心して、ここ数日ろくに寝ていなかったこともあり
社長が帰ってくるのを待っているうちに自分は眠ってしまった。
それが一番の間違いだった。

十二時を廻った頃だったと思う
お腹の上に重みを感じて、これ金縛りか?
と思いながら目を覚ますと社長にマウントを取られていた。
何故お前がそこにいる。お前のベッドはあっちだぞ?
パニックになりそうだったが、流石に上司を殴り飛ばすのは気が引けて、とにかく宥めようとした。
宥めようとしたのだが…

「なぁ?なぁ? いいだろ?そう言うことだろ?」と迫ってくるおっさん。

良いわけねぇだろ、脳内お花畑かロミオ。
にやけ面見てついにプツンと来た自分は、寝ぼけたふりをして掴まれた腕を軽く振り払い
相手の腹を蹴ってベッドから叩き落とした。

「お前のベッドあっちだから、それが嫌なら床で寝ろ」

と言ってそのまま布団に包まって寝たふりをした。
凄く冷静を装っていたが、心の中では「やっちまったよ!ついにやっちまった!クビになる!」とgkbr。
これでも諦めなかったらどうしようかと内心困っていたが、
社長はようやく心が折れたようで大人しく自分のベッドで眠りについた。

この夜が自分の中では一番の修羅場。


たがしかし、残念なことにおっさんのセクハラは帰りの車中でも相変わらずだった。むしろ酷くなってた。
そして自分は思った「この職場にはもういられないな」と。

92:2015/06/09(火) 22:40:18.90 0.net ID:
出張から帰った翌日(もちろん代休など無い)
直属の上司に当たるCに今までの経緯を話し、退職願いの旨を伝えた。
職場では一番古株になっている自分(とは言っても実質二年目)が辞めると仕事に支障が出ると
Cは引きとめようとしてくれたが、毎日怒鳴られる夢を見ることや、
セクハラが治る兆しが見えないことを伝え納得してもらった。

退職するに当たって、Cは色々と動いてくれた。
たとえば社長に接近禁止を言ったり、セクハラパワハラに詳しい人を紹介してくれたり。
なんとなくおかしいなとは思っていたけど、そう言う乗りなのかな?と思って見て見ぬふりをしてきてしまった自分にも責任があるといって謝ってもくれた。
そう言うノリってなんだよ、色々おかしいからね?

そうして、退職前に一度だけ社長と話をする機会が出来た。
その頃には少し落ち着てきていた自分は、スマホのICレコーダーを起動しつつ待機。
Cが社長と話をしているのを聞きながら、謝罪の言葉を録音。
社長は終始無言でいる事が多く、二時間のうち一時間半ほどはだんまりだった。

Cは「あんな良い奥さんがいて、可愛い子供がいて、どうしてそんな気が起こるんだ!」と怒っていた。

ただ、Cの言った「二人が独身だったなら問題ない関係だった」と言う発言には疑問を感じ、
黙っておこうと思っていた旅館のマウント事件を話した。
独身だったとしても、嫌がる相手の体触ったり、寝込み襲ったりしていいはずないだろ?
社長はあの夜の事は酒に酔っていて覚えていないとか言い訳したが、Cはなんともいえない顔をしていた。

93:2015/06/09(火) 22:52:40.69 0.net ID:
結局、今回の結果どうなったかと言うと

自分→退職。退職金代わりに新型ノートPC(有料ソフトなどフル装備/もともと退職金は出ない契約だった)
慰謝料→なし。ただし精神科の診療費を請求。
有休→1カ月(今まで一度も使ったことなかった)

社内規定でパワハラとセクハラの禁止などを書面にし、再発防止。

二度と自分に関わらない事を条件にして、今回の事は伏せることにした。
ただし、社長は起きたすべてを認め謝罪文を提出し、
もう一度問題を起こしたり、上記の条件を破った場合は証拠品(手紙や日頃の録音内容)を公にさらす
ということになっている。

自分的には全然すっきりしない終わり方だったが、まぁ良いかと思ってます。

以上、ブラック会社に勤めて鬱になったら社長に襲われた修羅場でした。

94:2015/06/09(火) 23:40:16.58 0.net ID:
お疲れ様でした

元スレ:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1419493107/
関連記事

こちらの記事も人気です(アンテナサイト様おすすめ)
犬、失踪 → 1ヶ月経過 → 犬、小熊3頭をつれ帰宅

コトメから『最近、美容院に行けてる?』とメールが → 私「育児で忙しいので…」コトメ『時間つくれる?』私「???」詳しく話を聞くと・・・

【後編】私「娘にあげたマフラーが隣のクラスの子がしていた...」先生「えっ?」→先生方に相談したのだが...

従姉妹「カード不正使用された」 自分「被害届だしたほうがいいよ」 従姉妹「あんたがやったって大騒ぎなのよ!」 自分「えっ」

嫁「親権はこっちだ!」 娘&息子「ないわ」 嫁「」

【後編】ママ友「娘の誕生祝いするからマンションの施設貸せ!ついでに料理作れ!」私「奴隷かよ!」→とんでもないメールが...

勝手に我が家の見取り図を見ながら、トメ「足が悪くなってきたから洋室が丁度いいのよ~ここにベッド置いて~」「もぉ~夢みたいね!」

【中編】彼「お前の弁当好評だから来週からお弁当3つ作って〜w」私「はぁ?」→当たり前と思ってふざけてるよね?

アホ「離婚ちらつかしておけば言うこと聞くだろwww」 → 結果

友人の旦那から「迷惑なんですけど、あなた常識ありますか」と急に電話がかかってきて「言い掛かりだ」と説明したらその日の夜、その友人から怒りの電話がかかってきた。


                                  このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ : 非常識 キチガイ 修羅場 不倫 社長 上司 セクハラ

2016/07/27 10:13 | 修羅場COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

その社長親父糞キモい

No:512 2016/07/27 20:30 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

アクセスランキング ブログパーツ